銀行カードローンの借入限度額と最低融資額は、銀行によって異なります。消費者金融業者のカードローンの場合は、総量規制の影響を受けるため大差はありませんが、その影響を受けない銀行ローンは、それぞれ異なる数値を見せています。したがって、選ぶ際には借入限度額を比べて、自分の希望にそうサービスを選ぶのが良い選択方法です。

ただし、銀行のカードローン 口コミでも、学生や専業主婦は、融資を受けることができる額をあらかじめ低い額に設定しているところが多いです。例えば、あるところでは、これらの属性に当たる人の借入限度額は35万円となっています。それに比べて、最高額は800万円に設定されています。このように、一般的に返済能力が低い人は制限が加えられているため注意しましょう。

最低融資額については、一万円以下でもオーケーなところもあれば、10万円以上からとなっているところもあります。その点からも、サービスを提供している主体ごとに異なる基準を設けていることが分かります。したがって、少ない額を借りたいという場合、そもそもその希望額が最低融資額以下になっていないかどうかについては、申し込み前に確認しておいてください。

これらの違いを比べる際には、比較サイトを用いるのが効率的です。それぞれの公式データを調べる必要がないため、手軽に比較検討ができます。もちろん、引用されているデータが間違っている可能性もあるので、申し込むところのデータについてはきちんと最後に公式のものをあたるようにしましょう。